専門店にはない魅力がある

このサイトでは、中古車の個人間売買で得られるメリットを紹介しています。
通常、自動車を処分するときには買取専門店で買い取ってもらうのが一般的ですが、インターネットが普及した現在は個人から個人へ売ることも可能です。もちろん、どちらの手段を選択してもメリットとデメリットは存在しますが、個人で売買する方法には売主にも買主にも双方にとって嬉しい魅力があります。 どのような特徴があるのか理解した上で、個人間での売買を検討しましょう。

専門店にはない魅力がある

中古車買取専門店に比べて個人間売買が選ばれる理由は、売主は愛車を高く売れ、買主は中古車を安く買えるという点です。もちろん一概に言えることではありませんが、基本的にはそのように考えられています。
その理由として、買取専門店で発生する中間マージンが個人間売買ではかからないという特徴があるためです。専門店での販売価格の60%が買取額の目安とされており、その差額が諸経費として中間マージンで取られています。
個人間での取引なら自分たちで手続きをすることで諸経費はかかりません。ただ、諸経費がかからない分、手間がかかるというのがネックですが、実は代行業者を活用することで中古車の個人間売買が手軽にできるようになっています。

中古車を個人間売買で高く売るにはどうすればいいのか

新車を買って少しでも乗車すると、中古車になってしまいますが、基本的に中古車になると新車のときよりも価値が下がります。価値が下がることで、売却をするときの価格も低くなってしまいますから、できるだけ高く売りたいと考えている人も存在する筈です。
中古車を売却するときは、業者に持ち込むだけでなく、個人間売買でも売ることができますが、高く売りたいと考えている場合は少し工夫をしないといけないです。個人間の場合は間に仲介をする業者などが入りませんから、余計な費用などが発生する心配もないので、その点を上乗せた価格で売却をするのが大切になります。
中古車にもいろいろな車種がありますが、どうしても欲しい車種を探している人も世の中には存在するので、そのような人が求めている車種を持っている場合は有利に価格交渉ができる可能性が高いです。個人間売買は交渉をするときに自由に売値を提示することができますから、最初の段階で強気な価格を提示することで、有利に交渉をすることができます。個人間売買は買い手と売り手の両者が合意をした段階で契約に進むことになりますから、仮に高く買ってくれないような相手と遭遇した場合も売らずにそのまま話を終わらせられるのが魅力的です。

個人間売買で購入した中古車の名義変更はどうすればいい?

個人間売買で中古車を購入したら、できるだけ早く名義変更を行う必要があります。その手順としては個人間売買で中古車を買うためには、印鑑証明が必要になります。実印を持っていない方は実印を作り、住民票ある市町村で印鑑証明をもらいます。そして警察に行き車庫証明を取ります。車庫証明は今度買う車を停めるところを書いた地図のことです。これをもとに警察がその場所を実際に見に来て、OKが出れば車庫証明がおります。
相手からは自動車検査証とそれを所有していた人の実印が入った、譲渡証明書とその人の印鑑証明書、委任状をもらう必要があります。それが揃ったら新しく買った車に乗り、自分の実印と印鑑証明書をもって住所管轄している運輸支局か陸運局に向かいかます。手数料納付所というところで、必要事項を記入して500円の印紙を貼ります。そのあと100で申請書を購入して必要事項を記入するとともに、自動車税・自動車取得税申告書も書きます。これを窓持っていきいき不備がなければ、自動車検査証が出来上がります。

中古車の個人間売買でよくある疑問

個人間売買で中古車を売り買いする際の疑問のひとつに、諸々の手続きは誰が行うのかというものです。これはもちろん各自で行うことになり、書類の準備や名義変更、車庫証明など、それぞれで適切にこなしていかなければいけません。
特別難易度が高いわけではないものの、必要な知識がないと難しく感じられることもあります。ローンを組めるかどうかも気になるポイントでしょう。基本的に個人間売買は現金やクレジットカード払いが多いです。しかし中にはローンを組めるところもあるため、支払い方法の選択肢として備えておくことも可能です。続いて車両の引き渡し方法についてですが、直接あるいは業者による輸送にて車両を移動させます。販売者との相談にもよるため、あらかじめ話し合いで決めておく必要があるでしょう。最後に、返品の可否に関しては、基本的にはトラブル時以外は不可と考えておく必要があります。したがって双方が納得できるまで説明を尽くしたり、現車確認を行ったりしておかなければいけません。

個人間売買で中古車を購入したら運送費はどちらが払う?

自動車の個人間売買が成立したら売主は買主の元に中古車を送ります。このときに発生するのが、陸地を使って輸送する陸送費や海上を使って輸送する海上輸送費です。国内の売買であれば基本的には陸送費になるでしょう。
自動車の運送費は、県内や近隣県で2万円~3万円、東京ー大阪など遠距離で5万円~10万円、超遠距離や離島(海上運送の組み合わせ)で10万円を越えてきます。では、実際にどちらが費用を負担するのかですが、個人間売買では車の引き渡しのタイミングや運送費は売主と買主の双方合意の上で取り決めます。どちらが費用を持つと決まっているわけではないので、事前の確認が必要です。
陸送費を払うとは聞いてなかった、陸送費が高いのでキャンセルしたいなどのトラブルが起きやすくもあるので、買主は売買時に伝えておく必要がありますし、買主は売主に確認したほうがいいでしょう。ちなみに、費用を抑えたいというなら、売主または買主が直接運ぶという手段もあります。

中古車に関する情報サイト
中古車を個人間売買しよう

このサイトでは、中古車の個人間売買で得られるメリットを紹介しています。
通常、自動車を処分するときには買取専門店で買い取ってもらうのが一般的ですが、インターネットが普及した現在は個人から個人へ売ることも可能です。もちろん、どちらの手段を選択してもメリットとデメリットは存在しますが、個人で売買する方法には売主にも買主にも双方にとって嬉しい魅力があります。 どのような特徴があるのか理解した上で、個人間での売買を検討しましょう。

Search

お問い合わせ